お知らせ

観光振興セミナー2012

■那覇会場:2012年9月7日(金)
       ホテル日航那覇グランドキャッスル 2階首里の間

■お申し込み締め切り:8/31(金)

■開催時間: 13:00-17:00 (受付・開場12:30)

※受付にて名刺のご準備をお願い致します。

■参加費:無料

■プログラム 

13:00 - 13:10

開催のご挨拶

13:10 - 13:15

沖縄県庁様からのご挨拶

13:15 - 14:00

「じゃらん宿泊旅行調査2012?リピーター追跡調査」について 研究員 横山 幸代

2012年4月に実施した調査から、震災後の最新動向をお伝えいたします(ご出席の皆様に限り、速報として各県別の調査結果をお持ち帰り頂けます)。加えて、初回訪問者のリピート率と再来訪要因分析調査からリピーター獲得のヒントを探ります。

14:00 - 14:30

リピーター増・着地型旅行商品流通のための「着地」での情報発信 研究員 加藤 史子

「旅行検討・実施プロセスと情報接触の調査」により、地域の満足度を上げ、リピーターを増やすために、どのような取組や情報発信が有効かについて、お話しさせていただきます。地域の魅力発信・着地型観光商品の流通にお役立ていただければ幸いです。

14:30 - 15:00

「じゃらん流・地域活性化フレーム」研究と「地域力診断」について 研究員 三田 愛

地域が観光で継続的に成長し続けるために、元気な地域の構成要素と繋がりを「知的資本経営」の考え方で構造化した『地域活性化フレーム』と、自地域の実態(強みと課題)が可視化できる『地域力診断』について、研究・実証実験結果をご説明させていただきます。

15:00 - 15:10

・・休憩・・・

15:10 - 15:25

沖縄県の現状、今後の施策について 株式会社リクルート沖縄じゃらん 代表取締役社長 山田 英樹

沖縄県への入込状況や沖縄じゃらんの集客施策、新たな集客手法についてお話しさせていただきます。

15:25 - 15:55

現在進行形!うるま市が取り組む「もずく」を使った<新・ご当地グルメ>開発

エグゼクティブプロデューサー ヒロ 中田(中田博人)

地場産の食材にこだわった<新・OMOTENASHIご当地グルメ>開発に取り組む、うるま市の事例を紹介します。「郷土料理」「ソウルフード」「伝統料理」とは異なる<新・OMOTENASHIご当地グルメ>開発は、「地域の食」の魅力創造の一手法です。

15:55 - 16:25

インバウンド消費の受け皿となる地域づくり「訪日外国人旅行者受入環境整備事業」について 研究員 横山 幸代

昨年度北海道3市で実施した3事業についてご報告いたします。旅行者の満足度を高める”街ぐるみ”のおもてなしを実現する、地域が自立的に受入整備を継続できる「インバウンド消費の受け皿」となる地域づくりのヒントとなれば幸いです。

16:25 - 16:55

ビッグデータ分析による沖縄来訪の個人旅行者の周遊実態について 研究員 加藤 史子

じゃらんnetの宿泊予約データと、携帯電話のGPS情報による位置情報分析を組み合わせ、沖縄を2泊以上で旅行する個人旅行者の周遊状況をはじめ、各種データの分析結果についてお話しさせていただきます。

16:55 - 17:15

今後のじゃらんリサーチセンターの活動について センター長 沢登 次彦

じゃらんリサーチセンターは、観光振興に携わる行政機関の皆様・関連事業者の皆様の立場に立って、観光を産業として発展させていくための道筋を探求していきます。来期の研究テーマとエリアプロデュース業務についてご説明させていただきます。

【詳細・申込】観光振興セミナー.pdf