記帳継続指導・機械化

記帳継続指導・機械化

事業を始めたり、青色申告になったが帳簿の付け方がよく解らないという方について、当商工会では「記帳継続指導」を行っています。これは商工会職員が毎日の帳簿をチェックし、正しい記帳になるよう1年間継続的に指導を行うものです。

さらに複式簿記は難しくて解らないが、貸借対照表を作り青色申告特別控除(65万円)を受けたいという方は「記帳機械化」をご利用下さい。これは毎月、ご持参いただいた現金出納帳等を商工会職員がチェックした後、機械入力、あとはすべてコンピュータまかせ。貸借対照表・損益計算書はもちろん、総勘定元帳から毎月の試算表・減価償却などもあなたに代わって作成します。

記帳機械化のメリット

簡単 所定用紙への記入で時間短縮、面倒な計算は一切不要です。
節税 青色申告の特典(特別控除など)もフルに活用でき、節税にも役立ちます。
信用 経営資料(決算書やその時々の試算表など)が信用となり、融資がスムーズに進みます。
経済的 小規模事業所の記帳事務合理化のため、県・国の助成もあり、経費負担も少額になっています。
経営管理 正確な経営データができあがるので、お見せの経営状態や内容が確実に把握でき、経営に自信がつきます。

記帳機械化にてご提供できる資料

[月次]

  1. 総勘定元帳
  2. 月次貸借対照表
  3. 月次損益計算書
  4. 科目別内訳表
  5. 資金繰り表
  6. 月別損益推移一覧表
  7. 経営分析表
  8. 消費税対象科目集計表
  9. 期末整理表(決算月のみ)
  10. 決算仕訳表(決算月のみ)

[決算]

  1. 総勘定元帳
  2. 貸借対照表
  3. 損益計算書
  4. 科目別内訳表
  5. 資金繰表
  6. 月別損益推移一覧表
  7. 月別損益比較表
  8. 経営分析表
  9. 消費税対象科目集計表